MENU

【Webスキルを学ぶ】Rare TECHは希少スキルを獲得できるコスパ日本一のスクールか?

Web技能を身に付けながら就職や転職を目指そうとする場合に、このサイトでは、①比較的短期で学べること、②無料の講座を含めコストが余りかからないこと、を前提に紹介してきましたが、今回は、それとは別に、技能習得に重きを置いて、次の要素を考えたスキル修得の方法として、プログラミングスクールのレアテックRereTECHについて総合的に評価をしたいと思います。

  1. 高度なスキルをしっかり身に付けることで今後連続して訪れるイノベーションの波にも耐えられるようになること
  2. 他のスクールと比較してもコスト面で負担が小さく、先行投資を抑えやすいこと

つまり、しっかりとした技能習得が可能であること、なおかつ、コストパフォーマンスが良いという条件を満たすスクールへのニーズに応えられるかという点を調べてみたわけです。

目次

レアテックのメリットとデメリット

メリット

時間をかけて、しっかりしたスキルを身に付けたい人に向いている

レアテックのメリットとは、なんといっても長期学習を通じて、確たるプログラミング力を得られるところにあります。

学問や技能は結局基礎力をどの程度練り上げたかでその人の底力を作りだします。したがって、Web技能においてもエンジニアへの需要は、希少(レア)だが本物志向の技能を持つ者に集中します。それは、つまり、労働市場やフリーランスでの差別化によって、高収入が保証されやすくなる「高単価エンジニア」への需要の大きさを意味します。

底力が違ってくる

それだけではありません。
レアテックの他校との違いの1つに、基礎力の修得をの重視があります。
基礎力を背景に、自分自身の創造性を伸ばして、自由なプログラミングを行い、やり甲斐のある仕事を選んでやっていくことさえ可能になります。みずからの能力がみずからの可能性と自由を切り開くわけです。これは、働く人間にとっては、だれもが欲しがるベストな労働条件です。

レアティックの希少型エンジニアと量産型エンジニアの育ち方の格差イメージ

某企業の量産型エンジニアレアテック卒の希少型エンジニア
システム監視で深夜労働システム設計者で深夜労働扶養
単純作業作業の効率化を考えるエンジニア
メインテナンス対応で残業だらけシステム異常を根本的に解決
古い技術、単能型最新技術・クリエイティブ
納期・締め切りフルリモート・フルフレックス
プログラミングは名ばかりでタイピングするだけビッグデーター解析
既存システムの保守・管理AIを利用した企業戦楽
システムのクラウド化指導
エラー報告だけの単純作業ITセキュリティを担当

レアテックのHPでは、量産型エンジニアと希少型エンジニアの作業内容の違いが、概ね以上のようなイメージで語られています。

初心者でも参加出来る

希少なスキルを身に付けるということですから、受講者は当初から一定のスキルを持っていないと、ついていけないのだろうかと心配になりますが、長期の学習期間をとっているだけに、その心配はいりません。
レアテックによれば、9割程度はプログラミングの経験を持たず、IT業界で働く経験者は1割強程度のようです。以下、引用。

RareTECH に在籍する90%以上の方はIT未経験です。特に前提とするスキルもありません。タイピングからスタートの方もいらっしゃいます。(RereTECH HP情報)

日本一のコスパが売り

2年間の長期カリキュラムということになると、カリキュラムにそれだけのに授業料がきにかかります。レアテックの売りの1つは、日本一コスパが良いことです。

RareTECH大手A社大手B社
価格月あたり12,333円月あたり 169,590円月あたり 191,950円
入会金 49,800円
2年で 約 350,000円16週  679,800円10週  767,800円
Ⅰ週あたり 3,000円Ⅰ週あたり 42,500円Ⅰ週あたり 77,000円
             入会金を入れても、コスパは日本一

ちょっと計算してみると、Ⅰ週当たりの金額に大きな差があること、全課程の金額合計をみても、レアテックの費用の低さが目立ちますね。

レアテックは1日493円程度(コーヒー二杯分)と言っています。
(喫茶店価格ではないですね😁)

カリキュラムとサービス

では安かろう悪かろうでは?

レアテックのスクールでは、2年間のカリキュラムを提供しています。
毎月9回以上のZoom講義、講義外での質問対応、過去の講義動画視聴、ポートフォリオの添削指導、非公開案件の応募などのサービスで対応。

毎月8回のリアルタイム授業、500ステップの問題集、アプリ開発ハッカソンを通して学習します。

プログラミング言語は主にPython/Go/Javascriptを利用します。

デメリット

短期の量産型エンジニアを志向する人には向かない

短期で手頃な技能を身に付けて、お金もできるだけかけずに、すぐに就職したい「量産型」といわれるエンジニアを目指したいと思う人には、スキル獲得への時間やエネルギーを考えると、向いていないと思われます。

メンター制度がないことが受講生にとって善し悪しが分かれるかも

個別指導者であるメンターの制度をとっていません。質問は、深夜を除いた時間帯に集団対応で応えるというシステムをとっています。

マンツーマンの指導体制でないと細かな指導ができないのではないか、と心配されますが、これは、別の角度から考えておく必要があります。

第1は、レアなスキルを身につけるためには、受講生自身の就学の方針、計画性、能動性がとても大切だということです。全面的な手取り足取りではないことから、自分で自分を律することが問われます。

それは角度を変えれば、自分で人間として成長することを問われているということで、人により、手取り足取りの良し悪しが分かれることをしっかり考えておくことが必要だということです。したがって、結局は、就学への決意が大切で、決意のレベルで成長が左右されることを自覚できる人には向いているということです。

レアテックによれば、講師については、

「時給単価1万円以上の現役エンジニアを講師としてお招きしています。」

とのこと。

以下に講師を利用するかという、能動性次第ということになります。

レアテックの口コミ評判

レアテックの評判については、概ね以下の点が指摘されています。

[box03 title=”レアテックの口コミ評判”]

① 高い技能修得への教育力への信頼
② 一般的に高価な他のスクールと比較したコスパの良さ
③ 自立的な学習態度が大切であること
④ 自立性・積極性を獲得する必要と成長の実感

[/box03]

無料の体験授業申込はこちら

レアテックでは、実際のZoom講義を体験できます。
予定表を見ると、だいたい開催は毎週1回で日曜日が多いみたい。
開催時間帯は21:00−23:00。
日程は、各自、ご確認下さいね。

マイク・カメラオフでの参加が可。
体験授業の申込は、こちら

管理者からの一言

転職・就活の際にWeb技術を新たに獲得したりスキルアップしたりして、新たな地平で活躍したいという希望を叶えるためにも、必要なことは、自分の仕事をイメージ化して、そのために必要な条件をそろえる準備をしっかりすることだと思います。

そのためにも必要なのは情報です。就活エージェントやWebスクールは、受講生のニーズにあわせて多様化しています。
短期か長期か、安価か高価か、学べるスキルは何か、就活へのサポートはどのようなものか、によって、選択肢は異なってきます。

自分の選択肢がどれか、が、分かりにくいならば、まずは、エージェントやスクールに情報を集めに行くことをお勧めします。

その理由は、第一に、エージェントやスクールは過去の実績にもとづく情報が蓄積されており、あなたが概ねどのような悩みを持ち、それを克服するための選択肢について、予想しつつ対応出来るという強みがあるからです。

第二に、多くの相談は、無料でおこなわれているという点です。いくつかの選択可能な相手を設定して、十分の確かめたい話しを聞いてくるだけでも、選択肢を絞ることが可能になります。

第三に、エージェントの指導やスクールでのスキルアップ指導については、受け身ではダメです。能動性、主体性があなたの未来を切り開きます。逆に。それらが欠けていると、同じ指導、同じ講義を受けても思った結果を得られないでしょう。

こうしたエージェントの話を、実際に聞くのもあなたの能動性です。
まずは、行動することです。
いくつもの候補を検討して、実際に聞いてみて、考えるというのが合理的な選択だと思います。

Rare TECHは、スキル修得を目的として、自分で積極的に学んでいける人にオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次